未分類

春を呼ぶ会

今日はお寺で春を呼ぶ会を行いました。

午前中はお寺の地蔵講の皆さんと今年の初地蔵講をお勤めしました。

そして講の皆さんと昼食。

今年はいつもお願いしているところに頼めずに室生のfufufuさんにお願いしました。

直前のお願いにも関わらず快く引き受けて下さったfufufuさんどうもありがとうございました。

そして1時から春を呼ぶ会。

はたけやさんのお餅つきは年々進化し、今年は目隠しや酔拳風など一つのエンターテイメントと化しておりました。

丸めるのはみんなでします。

そして、2臼ついてもらってから、又叉雁が音さんたちのコンサートが行われました。

この311に対する想いも語ってもらいつつのとても素敵な演奏で来られた方も皆さんとても喜んで下さいました。

お寺で津軽三味線は初めて演奏してもらったのですがとても聞き応えがありました。

ぜひ、宇陀の他の場所でも演奏していただきたいと思っております。

そして、毎年「ふるさと」をみんなで合唱して終わるのですが、今年はちょうど2時46分に歌い終わったのでそのまま会場の皆さんで黙祷を行いました。

それからオラクルカードの体験とか出演者さんを囲んでの夕食と1日があっという間に過ぎていきました。

オラクルカードは初体験だったのですが、自分のこれからの有り様についてとても納得できる気づきがありました。

来年もまたこの会を行おうと思うと結局は一年中311と向き合うことになります。

それでいいのだと思います。

今日ご来寺下さったかたどうもありがとうごさいました。

はたけやさんと又叉雁り金さんもどうもありがとうごさいました。

そして、準備をかげで支えてくれた真奈美さんや家族の皆さんもありがとうごさいました。

関わって下さった全ての人々が今日この日に想いを馳せてくれました。

想いの集う場があれば、必要なときには動けるのだと思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。