未分類

アーユルヴェーダ勉強会

念仏カフェの反響がわりかしあって嬉しいです。今回無理な方も是非またよろしくお願いします。

昨日はいつもヨガをご指導頂いている真鍋さんのアーユルベーダの食事編というランチ付き勉強会でした。

ヨガはもともと男性のためのものであり、それを取り組むに連れて自分の男性性の部分は強まっていくのだけど、女性性の部分や自分以外の家族の健康のための学びとしてアーユルベーダを学び始めたというのはなるほどと思いました。

食事の8つの規則というものを教えてもらいました。

10時~14時がピッタの時間といって消化力が一番強く。お昼に重めの食事を取るのが1日の中では一番いいということでした。

ピッタの時間は、夜の22時~ 2時にもう一度あるのですが、その時は、新陳代謝が活発な時間で、「とりあえず寝とけ」というのは前から知っていたのですが、今回そのことがとても腑に落ちた感じがしました。

自分の習慣を変えようとすると自我が抵抗してきますが、それを変えていくのが正しい学びだと思います。

ランチはスパイス精進のモハマヤバートさんだったのですが、安定の美味しさでした。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。