未分類

はならぁと宇陀松山

先週の金曜日から町家の芸術祭「はならぁと宇陀松山」が始まりました。

オープニングセレモニーにちょこっと参加しました。今回は7月に落語会を開催した元芝居小屋の喜楽座の復活祭がメインテーマです。

そして昨日イタリアのフィレンツェで4代にわたって活躍している彫刻家ヴァレンティーノ・モラディ・ガブリエッリさんがお越しになりました。

なんと仏像をテーマに作品を滞在制作されます。

今朝は朝の勤行に参加してもらってタカスケさんの通訳を頼りに日本の仏教について少しお話をさせてもらいました。

いろんな国の方が来られていますがイタリアは初めてです。

そして午後からはノルディック・ウォークの体験会を滋賀から公認インストラクターの高野先生をお招きして開催しました。

あいにくのお天気で屋内での開催になりました。

時々地元でもポールを持ってお散歩している人がいらっしゃるのですが実際に体験してみると歩くという行為が全身運動に生まれ変わりそれが持続的な体験として体型維持につながる(ああ漢字ばかり笑)ことに気づきました。

なんのことかというと先日平井先生の施術を受けたのですが、それがやはり日々少しづつ自分の元の体の癖に戻ってきていることを薄々感じ始めていました。

それが、今回このノルディック・ウォークを体験してみてまたその時の体の感覚を呼び起こされていることに気づいたのでした。

ちょっとノルディック・ウォーク部を立ち上げてもいいかなと思っています。

はならぁとは25日〜27日まで。
25日はお寺では真野さんの彫刻教室と会場の四郷屋さんでは、夏にお寺でミニコンサートとしてくれたゆらゆらミルフィーユさんのライブとふみかさんのライブペインティングも行われます。

24日は気功教室も行われます。

お寺が誰かにとっての家庭でも職場でもない第三の場所になってくれたらいいなあと思っています。

どの活動のどこを切っても仏教の血しぶきが吹き出してくるようにするのが自分の役割だと思っています。

ぜひ、この週末「はならぁと宇陀松山」にお越し下さい!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。