未分類

居場所について

インターンの平居さんに今日は同じ浄土宗で菟田野にある尼寺青蓮寺さんに1日修行?に行ってきてもらいました。

今回のインターンは1ヶ月半ほどあるのでやはりちょっと余裕をもって関わることが出来ています。

日報ブログの文章も最初の頃のただ体験したことを記録するようなものから、自分の興味や関心とその日の自分の体験をきちんとリンクさせて記録できるようになってきたような気がします。

実は僕も昨日は宇陀市の職員の方に広報誌のインタビューを受けました。

自分の人生を振り返り、今の自分を語ることで色々なキーワードが自分の口から出てきました。

そこで言われたのが「自分の居場所を探されていたのですね」という言葉でした。

そんな自覚はなかったのですが、言われてみると確かに宇陀にやって来た頃はそのがはっきりせず、その不安な気持ちがあったんだなあということに気づきました。

僕も「居場所」の定義についてはまだよく分からないところがあります。

でも参加させられるということは居場所にならざるをえなくなるということは一つあるんじゃないかなあということに最近気づきました。

ピラミッド社会からネットワーク社会に変わる中でただ上からの情報を受け取るのではなく、自分がその情報の一部になるということがこれからのゆるやかなつながりの社会ではないかと思います。

そんなことをみんなで共有したいので19日の報告会は是非来てくださいね。

今日の平居さんのブログ
http://udakatsu.org/?p=707

インターン報告会はこちら
https://www.facebook.com/events/339798603111685

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。