未分類

お施餓鬼によせて

明日は報恩寺のお施餓鬼です。

日本ではお盆休みなんて言葉があるくらいお盆というのが認知されているわけですが、仏教の中でも宗派や地域、時代の流れで、認知されている内容は本当に千差万別です。

ある人の当たり前の行いがある人には有り得ない行いだったりもします。

そんなことはここで話し出してもきりがないので書かないでおきます。

今日は家族から妹家族、子どもたちにウダカツインターンの伊吹君、地域の人など沢山の方が準備に来てくださいました。

おまけにお供え物の差し入れもご近所さんが持ってきて下さいました。

日頃Facebookを見られている方はいろいろ取り組んでいるように思われるかもしれませんが、お参りの数は激減しているのが現状です。

お施餓鬼についてもいつかいろんな英断をしないといけないときが来るような気もしますが、「自分とは直接縁のないものに施しを行う」ということの大切さだけは死守していきたいと思います。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。